木暮工房さんへ


d0067629_17572650.jpg



昨日、先日「いわて木の工房展」でお会いした木暮工房さん
のところに行って来ました。

場所は遠野市上郷町。盛岡から車で約1時間45分のところ
にありました。

街の中心部からは少し離れ、山々と畑の景色に囲まれた、
そんな素敵な場所。

あー、こんな場所に本当に憧れてしまいます。遠野市は年々
過疎化が進み空き家になっている家も増えているとのこと。

ちなみに木暮工房さんの隣の家も今空き家になっていて、
軽く案内してもらいましたが、畑も付いてて、とてものどかで、
本当に住んでみたいと思ってしまいました。

工房を見せて頂く前に、そんな理想的な家を見せてもらい、
私はすでにテンション上がりまくり!

さてさて、その後いざ工房へ。

入り口を入ると、薪ストーブのある小さなお部屋、そして、
その隣に木工機器や木材が所狭しと並べられた、作業ス
ペース。

キターーー!こういう空間大好き!

ここで先日拝見した、あの収納引き出しと机が作られたのか
と思うと、もーワクワクが止まりません!

ご主人は、薪ストーブの上にかかっていたヤカンの中に缶コ
ーヒーを入れ、その温まった缶コーヒーを私に下さいました。

あちちちち、その温められた缶コーヒーを薪ストーブの前で
頂きながら、ご主人のお話を沢山お聞きしました。

それから、工房を見させて頂いた際、工房の片隅にある
引出しを見つけました。

おーーーーーーーーっ!!!!   いい!

また、一目惚れってやつです。

真ん中のボタンを押すと、そのボタンの色の引出しが、
ピッって出てくるという仕組み。

あー、こういうの自分でも作ってみたい...。

さて、この日はここで時間切れ、私も盛岡に帰らなければ
ならなかったし、ご主人も用事があったし。

も~、名残惜しくて名残惜しくて。

帰り際、ご主人が暮坪カブというカブを2本下さいました。

ご主人が育てたカブです。

木工と農作業、あの~私を弟子にして頂けないでしょか?
そんな言葉が思わず口から出てしまいそうになるくらい。
でも、両方共そんな甘い世界じゃないですよね。

今回の木暮工房さんとの出会いは、なんとなく、自分の人生
にとって、とても大きな出会いであったような、そんな気がし
ています。

15年ほど前に遠野を訪れた時は何も感じませんでしたが、
今回は違いました。

山々に囲まれた遠野の風景。

もしかすると、私が求めている何かが、この土地にあるので
はないか?

そんなことを思いつつ...。

また今度、遠野のまちを訪れていみたいと思います。



d0067629_18155771.jpg



d0067629_18162597.jpg



d0067629_18164010.jpg



d0067629_18182723.jpg


by tencho_nikki | 2013-11-13 17:57 | 出張 Diary


<< カツサンド試作 『 第五回 盛岡お月見祭り・ハ... >>