桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す


d0067629_13345586.jpg



自分でお店を始めてから約9年半。
何年かお店をやっているとこんな日も来るんだな~。

今日は埼玉から子供の頃すごくお世話になった叔父と
叔母が、お友達と3人でお店に遊びに来てくれました。
私にとってはまさかのお客様で、本当に嬉しい出来事
でした。お互い昔話や近況の話で盛り上がり、すごく
楽しい時間でした。叔父は私が子供の頃からずっと
個人タクシーの運転手で、今も現役で頑張っています。
ちなみに今乗っている車は最新の黒のクラウン。写真を
見せてもらいましたが、めちゃくちゃかっこ良かった
です。その道一筋で頑張ってきて、今も結果を出して
いる叔父の姿は本当に、尊敬に値するものがあります。
自分はまだまだですが、叔父を見習いこれからも飲食の
道一筋で頑張って行きたいと思います。叔父には自分の
近況をいろいろ聞いてもらいましたが、最後にこんな
ことわざを頂きました。

「桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す」
(とうりものいわざれどもしたおのずからみちをなす)

美味しい桃の木の下には黙っていても、自然と人が集まり
そこに道が出来るものだと。

自分はこの言葉の中に、お前もそんな桃の木の様な人間
になりなさいというメッセージと、岩山にはいつかきっ
と人が集まり道は開けるという、ふたつのメッセージを
感じました。

今日、叔父から頂いたこの言葉を胸に、これからもしっ
かりと、地道に頑張っていきたいと思います!
by tencho_nikki | 2014-06-01 23:30 | 盛岡の生活


<< ここからの景色が 「本格焼酎黒ヂョカ」「喫茶GE... >>