◇ 本格焼酎 Log ◇  ~ 伊佐大泉 瓶熟成古酒 〔 芋焼酎 〕 ~

『 伊佐大泉 瓶熟成古酒 』   No.0004
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
d0067629_735451.jpg<Data>  
  原料 : 芋
  製造元 : 大山酒造(合名)
  産地 : 鹿児島 ・ 伊佐郡  Map
  度数 : 25度
  容量 : 1.8L
  酵母 : -
  麹菌 : -
  麹 : 米
  水 : -
  蒸留 : 常圧蒸留
  杜氏 : -
  仕込み容器 : -
  貯蔵容器 : -
  貯蔵期間 : -
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<テイスティング>
  これだけラベルがボロボロなので味わいに多少の不安があったが、
  なんとこれが驚きの旨さだったのである。透通り洗礼されたその味
  わいは、まるでサクランボのような甘くフルーティーな味わい。
  とてもじゃないが芋から出来たお酒とはまるで想像できない。そん
  な印象の味わいである。ストレートとお湯割も悪くはなかったが、
  ほんの少しえぐみを感じた。最高に旨かったのはロック。冷んやり
  とフルーツ系の甘さが口の中に広がる。
  水割りもいい。8:2の水割りはまるでカクテルのような...。
  お洒落なひと時を与えてくれた。
                 by Takashi Kubota  2005.06.14

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<Memo>
  ■ 「製造年月日」と優しい声 ■
  ラベルがこのような状態なのでいつ頃製造されたものなのか気に
  なった。蔵元さんに問い合わせてみたが、「本来であればラベルの
  裏に製造年月日を印刷している」とのこと。確認してみたが、残念
  ながらそのような表示は見つからず、そのことを蔵元さんに伝える
  と「普通は表示されているはずなんですが...?もしそれがないと
  するとかなり昔のものかも知れません」。そんなことを話してくれた。
  大山酒造さんは1905年・明治38年の創業である。ということは
  創業されてから丁度100年ということになる。まさか今回の焼酎が
  100年前のものとは思えないが、1本の焼酎に歴史とロマンを
  感じずにはいられなかった。余談であるが、電話で対応して下さっ
  たその女性は、とても穏やかで優しそうな印象の方だった。少し
  お歳を召されているような感じで、おそらく蔵元の奥様であったよう
  に思う。今回、このような問いかけに対し、非常に丁寧に対応して
  下さり、説明して下さった。本当にありがとうございました。
  今は芋焼酎(伊佐大泉)一本の蔵元さんであるが、本当にはじめの
  ころは伊佐米を使った米焼酎を造り、地元の方に配っていたそうで
  ある。100年たった今、異常なほどの焼酎ブームが起きているが、
  そんな昔のお話をお聞きし、地元で日常愛されていた焼酎の姿と
  なんとものどかな田舎の風景とが、電話の向こうの優しい声と共に、
  私の頭の中でぼんやりと重なりあっていた。
  今回の焼酎ブームがどんな方向に向かっていくのか、先のことは
  分からないが、日本の昔の温かい風景と気取りのない焼酎文化を
  末永く伝えていけたら...。
  そんなことを再確認させてくれた、そんな一本でありました。
                                  2005.06.14

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by tencho_nikki | 2005-06-15 13:19 | 焼酎 Log


<< ◇ 本格焼酎 Log ◇  ~... 日本列島 自転車の旅 2002... >>