カテゴリ:地酒 Log( 40 )

仙禽 愛山 無ろ過生原酒 中取り H26.04


ビン底最後の一杯。開栓してからかなり時間が経っているが劣化は全く無く、赤肉メロンと青林檎を合わせた様な独特のフルーティー感。とろりとした舌触り。常温に近づき程良い酸味。

d0067629_15523562.jpg

http://saketecho.exblog.jp/24069637
by tencho_nikki | 2016-01-22 15:56 | 地酒 Log

金寳 自然酒 Facebook 2015.09.12


自然派のお酒に共感して下さった常連のお客様が、先日このお酒を差し入れで持って来て下さいました。ご自分がずっと前から愛飲されてきた福島の自然派のお酒。「自然の甘さで水あめの様な甘み」と表現されていましたが、口に含んでみるとまさにその通りの味わいでした。この甘さ、本当に心が癒される思いでした。今まで何年もお酒を飲んできたけど、これは本当に美味しいお酒です!自然派のお酒、また一つ幅が広がりました。お客様のお気持ちに心から感謝!^ ^


d0067629_125674.jpg


d0067629_131583.jpg


d0067629_1335786.jpg


d0067629_136077.jpg


d0067629_137420.jpg


by tencho_nikki | 2015-09-12 15:09 | 地酒 Log

十四代 極上諸白 純米大吟醸 Sakenote 2015.08.15


さりげなくグラスに鼻を近づけると、グワッと果実系の香りが。ここまで香りの強いお酒は久々。もちろん嫌な感じではなく一瞬にして気分が高揚し、このお酒への期待感がグっと高まる。早速口に含んでみると、ん〜円やかで艶のある舌触り、混じり気のない純粋なお米の甘さ。最高の気分、味わい。不思議と香りに感じたフルーティー系の甘さではなく、どちらかと言うと和三盆系の甘さ。まさに「極上」の名にふさわしい、国内トップレベルのお酒。


d0067629_1594751.jpg


d0067629_201059.jpg


d0067629_203965.jpg


d0067629_21835.jpg


by tencho_nikki | 2015-08-15 09:40 | 地酒 Log

Sakenote 2015.08.10


やや琥珀がかった色合い。ラベルとネーミングにかなりのインパクトあり。力強い皇帝という意味をもつお酒だけあって、厚みがあってしっかりとした味わい。味わいの中に木樽で寝かせたような独特のクセがあり、中間あたりでピリピリとした刺激。開栓してからしばらくは確かに超辛口の印象があったが、時間が経ち柔らかな甘さが。ピリッとした刺激の後、ミルキー系の優しい甘さが、柔らかく舌を包み込む。


d0067629_21541266.jpg


d0067629_21543433.jpg


d0067629_21545787.jpg


by tencho_nikki | 2015-08-10 21:55 | 地酒 Log

Sakenote 2015.08.09


初めに微かなメロン系の香りを感じさせつつ、口に含んでみるとトロリとした舌触りと米の旨み。後味はピリピリとした強めのアルコール感で辛口な印象。確かに甘さはほとんど感じずキレもあり超辛口であるが、ただそれだけではなく、ほんの少しだけ添えられた初めのフルーティー感が、とてもオシャレで幸せな時を演出してくれた。


d0067629_1017747.jpg


d0067629_10172781.jpg


d0067629_10174920.jpg


by tencho_nikki | 2015-08-09 10:18 | 地酒 Log

Sakenote 2015.07.30


楯野川清流、最後の一口。口に含んだ瞬間、ひんやりクリアーな刺激がたまらない。まさに清流のイメージ。少し温度が上がった状態で、柔らかな舌触りと共に、一瞬フルーティーな香りを感じさせつつ、最後は米の旨み、そしてほんのりミルキーな甘さを楽しませてくれた。


d0067629_110384.jpg


d0067629_111232.jpg


by tencho_nikki | 2015-07-30 20:11 | 地酒 Log

Sakenote 2015.07.29


篠峯、最後の一杯。まったりと重みがあり濃厚な舌触り。甘さはほんのり程度で、飲み込んだ後アルコール感から来るカチッとした硬さを感じる。一瞬パイン系のフルーティー感を感じ、後半やや温度が上がった状態で柔らかいミルキー系の甘さを感じた。


d0067629_1036624.jpg


d0067629_10364065.jpg


by tencho_nikki | 2015-07-29 19:32 | 地酒 Log

Sakenote 2015.07.11


これぞ大人のお酒。普通のお酒とはちょっとレベルが違います。竹鶴と言ったら酸がとても強いお酒という印象がありましたが、今回は反対に酸を全く感じませんでした。まず口に含んだ瞬間、独特の風格を感じさせます。それは貫禄のある男性のイメージ。例えば石原裕次郎的な。味わい的に、ほんのり歳を重ねた様な熟成感があり、米のコクと深みがあり、そして何と言っても無濾過生原酒らしい厚みのある円やかさとクリーミーな甘さ。ただ全体的なイメージとしてスター的な存在じゃないんだよな〜...。ってことは誰だろう...。


d0067629_1045820.jpg


d0067629_10453485.jpg


d0067629_1046451.jpg


d0067629_10462576.jpg


by tencho_nikki | 2015-07-11 10:47 | 地酒 Log

Sakenote 2015.07.10


恐るべし直汲み五十嵐。昨年実家埼玉で購入したお酒。開栓してから約半年、しかも瓶底に残っていたお酒の量は約30ml程度。しかしそれを口に含んだ瞬間びっくり仰天、何だこの力強さは。直汲みの荒々しさと骨太なパンチ力。ありえないほどの生命力が口の中に広る。味わいの劣化もなく濃厚な旨味と心地よいフルーティー感。捨てるのもったいないし後で飲もうと思い当時冷蔵庫へ、そしてすっかり忘れてしまい本日まで。今日の日が来るのを待ってたのかな〜。本当に一口でしたが、心に染みる感動の一杯でした。


d0067629_1434074.jpg


d0067629_1444910.jpg


d0067629_14599.jpg


by tencho_nikki | 2015-07-10 01:46 | 地酒 Log

Sakenote 2015.07.09


琉球のガラス作家、稲嶺清吉の器で根知男山限定醸造をいただく。口の中にゆっくりと注ぎ込み、その味わいを確かめる。強烈なインパクトはないが、柔らかく静かに広がる和三盆系の甘さ。ラベルの深い青と器の深い青。そしてタブレットの光に照らされその表情を見せた鮮やかなマリンブルー。南国の海を連想させる美しい青の世界と新潟の雪を連想させる純白でピュアな甘味の世界。視覚と味覚から来る異なる地方のマリアージュ。思わぬところで見つけた日本の美の世界。酒の旨さと匠の技が醸し出す本当に特別な世界を心から楽しむことが出来ました。


d0067629_10393657.jpg


d0067629_1039525.jpg


d0067629_10401819.jpg


d0067629_10404584.jpg


d0067629_1041079.jpg


by tencho_nikki | 2015-07-09 09:30 | 地酒 Log