<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

時が過ぎて 街も 人も


d0067629_1104041.jpg



只今、東京より戻りました。

今回、地元の仲間のお祝い、大勝軒閉店、酒屋さん訪問、
ラーメン研究、飲屋さん開拓などいろいろな目的があって
3日間東京に行って参りました。

ちなみに確定申告は4日ほど家に缶詰になり気合で終了。

新しいスーツに身を包み、身も心もなんかすっきりした気
分で盛岡を出発しました。

そして今回もいろいろな出来事がありました。

多分書けって言われたら原稿用紙30~50枚ぐらいは余
裕で書けそうな感じがします。

でもブログだから、簡単に書かなきゃ。

あの池袋大勝軒が閉店してしまうと言うニュースは、きっ
と一般の方でも知っている方が多いはず。

もちろん残念な気持ちもあるけど、それ以上にお疲れ様で
したという気持ちの方が個人的には大きいかなー。

私の場合、池袋大勝軒によく食べに行っていた訳ではない
し、今回もお店に行った時間が遅すぎて「元祖つけ麺」を
食べることもできませんでしたが、でもいいんです。

最後にお店の前でご主人(山岸さん)に「お疲れ様でした」
っていうことができましたから。

握手までさせていただいて、記念写真まで撮らせて頂いて。

2002年、私がラーメン食べ歩きの旅をしたときも、こちら
のお店にお邪魔して、今回と同じようにいろいろとお話を
お聞かせ頂いたり、記念写真を撮って頂いたり、何も変わ
ってなかったなー。

あの時もニコニコしながらお店から出てきて下さって。

膝をかばいながら。

杖で体を支えながら。

最近起きた出来事、今までのエピソード。

すごく元気に、すごく明るく、そして楽しそうに、いろいろな
こと話して下さるんです。

だからこっちも楽しくなって。

山岸さんとは、あの時と今回と、2回しかお話したことがな
いんですけど、なんかたった2回とは思えないような。

” 柔らかい大きな心 ” 、きっと私が感じたものってそうい
うものなのかなーって。

食べに来て下さったお客様一人一人に、静かにおじぎを
する姿。

人として、また飲食をやるものとして、一生この目に焼き
付けておきたいなーって。

お店の前には、いつの間にか大きなマンションがそびえ
立ち、一軒のラーメン屋さんはより小さく私の目に映って
いました。

都市開発の波に飲まれ、きっとこの一軒のラーメン屋
さんも姿を消すことでしょう。

形あるものはいつか消え行く運命に。

でも、形なきものは...。

山岸さんの ” 柔らかい大きな心 ” 、少しずつかも知
れないけど、自分の中で大切に育てて行きたいなー
って。

これからも飲食を楽しんで行きたいなーって。

なんか、そんなことを感じました。 

山岸さん、本当に長い間お疲れ様でした。

お店は閉店してしまいますが、これからも周りの皆さ
んを楽しませて下さいね。

いつまでもお元気で。

本当にありがとうございました(笑)。


d0067629_0532768.jpg


d0067629_133034.jpg


d0067629_113862.jpg


d0067629_0533734.jpg


d0067629_0534427.jpg


d0067629_0535295.jpg



さてさて、残念ながら大勝軒のつけそばを食べることは
できませんでしたが、その代り他のラーメン屋さんや飲
屋さん、いろいろ行ってきましたよー。

2日目の夜、お邪魔したのは地元所沢にある焼酎bar、
「尼蔵」と言うお店。

このお店には何度か遊びに行ったことがあるので、マ
スターも私のことを憶えていて下さって...。

そして、カウンターの隣の席にはちょっとだけ格闘家の
佐竹雅昭に似た体格のいい男性が一人。

「あー久保田さん、隣の彼も明峰小学校ですよ」

「えぇーー!そうなんですか(笑)」

地元の飲屋さんなので、こういう場面があっても全然
不思議じゃないんですけど、でもなんだか嬉しくて。

「じゃー中学は所中(所沢中学)ですか」

「えー、所中です」

「あー、そうなんだー」

まー、これだけ体格がいいってことはきっと体育会系だ
ろうなー...。

「なんか運動やってました」

「はい、サッカーやってました」

「えぇーーーーーーー、そうなんだー」

ちなみに私も中学時代サッカーをやっておりまして、ポ
ジションはキーパーをやっておりました。

「いやっ、実は私もサッカー部だったんですよ」

「えっ、失礼ですけど今お幾つですか」

「あっ、今年で37です」

「えっ?.........?」

ってことは俺のいっこ下?

えっ、ウソ?

「えっ?ってことは...?」

「あのー、久保田先輩ですよねー」

「はっ???」

「私すぐ分かりましたよ(笑)」

ドッカーーーーン!、やべっ、俺後輩の顔忘れてる。

あー、きっとまじめに部活出てなかった奴なのかも。

私がピンときてないことは、完全に悟られていたよう
だったので、勇気を出して聞いてみた。

「あれっ、部活はまじめに出てたよねー...」

「もちろんです」

「私、ポジション、バックだったんですけど、久保田
先輩とも一緒に試合出てましたよ」

ド ド ド ド ド ドッカーーーーーン!やべっ。

ちょっと待って、ウソでしょ。

もしかして、俺ってバカ。

一緒に試合出てた後輩のこと分からないなんて、
しかもバックって言ったら目の前でプレーしてたっ
てことでしょ。

私、本当にショックでした。

でも、彼の目を見ながら話をしてたら少しずつ思い
出してきて。

あっ!分かった!

でも、あいつなら今の彼と全然違うぞ。

当時の彼はどちらかと言うと痩せ型で背もそれほど
大きくなく、もちろんあの当時は今の彼の様な貫禄
めいたものもなかったし。

今の彼は体格もがっちりしているし、話し方もすごく
しっかりしている。

人って変わるもんだなーってすごく思いました。

でもお互い昔の話をいろいろしたりしてすごく楽しい
時間を過ごすことができました。

まー、彼がサッカー部の後輩って事だけで驚きな
訳ですが、本当に世の中って不思議なもんですね。

私が盛岡で飲み屋さんをやっているという話をしたら
彼もビックリした様子で、実は先週盛岡に行ってたって
言うんです。

偶然って言うか、何て言うか。

しかも彼は所沢でイタリアンのお店を経営していて、
更に彼のいっこ下の弟さんもイタリアンをやっていて、
ちなみにその弟さんもサッカー部で自分にとっても
後輩にあたるわけですが、今、リストランテ・ヒロ(丸
ビル店)
の料理長を務めているそうです。

なんかすごいなー。

世の中って。

今度、2人でお店に来てくれるって言ってたけど、もし
来てくれたらほんとに嬉しいなー。

彼らの成長ぶり、ほんとに頭が下がるし、すごく嬉し
いし、自分も頑張りたいなーってほんとに思いました。

山形くん、また会える日を楽しみにしております(笑)。

はじめ分かんなくて、ほんとうにごめんなさい。


d0067629_1203470.jpg



さて、東京に帰った初日、私は地元の仲間のあるお祝
いに駆けつけた訳ですが、久しぶりにあったみんなの
顔、すごくいい顔してたなー(笑)。

とても懐かしくもあり、みんなの元気な姿を見てなんだ
か嬉しい気持ちで一杯になり、ほんとうに今回帰ってき
てよかったって心から思いました。

夜は同級生の女の子達や小さいころからよく知ってい
る後輩くん達と駅前の居酒屋で飲んだんですが、ほ
んと楽しかったー。

しかも、ガキんちょだった彼が、

「今日は俺がおごります」

なんて言っちゃって。

さりげなく私達の分の飲み代を払ってくれて。

すごく嬉しかった。

その後、彼の行きつけのお洒落なBarに案内されたり
して。

ほんとに大人になったなーって(笑)。

すごく楽しい時間が過ぎ、お店を出て。

そして、その彼の兄が、ウーロン茶をずっと飲んでた
その彼が、車でうちに送ってくれるって言って。

で、すごく立派な車に乗ってて、私はその車で家まで
送ってもらいました。

ほんとうに嬉しかった。

たけし、まなぶ、今回はほんとうにありがとう。

いつか盛岡に遊びに来てね。

またあえる日を楽しみにしています。

今度はもちろん私がおごります(笑)。


d0067629_1205894.jpg


それにしても今回の東京はいろいろなことがあったなー。

正直、まだまだ書きたいことが沢山あるんですけど、今
回はこの辺にしとこうかと思います。

ちなみに上の写真に写ってるのは、私の母であります。

いつも明るくニコニコしている母。

私の目標ってとこですかね(笑)。

自分勝手に家を出て、今私が好きなように自分の道を
歩けているのも、この母のお陰であります。

実家で一人暮らしている母のためにも、まだまだ頑張っ
て行きたいし、人としても少しずつ成長していきたいと
思っております。


『 時が過ぎて 街も 人も 』

やっぱり長くなっちゃいました。


おしまい。
by tencho_nikki | 2007-03-14 15:58 | 出張 Diary

アルガーノ 甲州 2005


d0067629_17555415.jpg



今日は アルガーノ 甲州 2005 という 山梨県 の
白ワインを飲みました。

このワイン、開けたの確か1月の後半だったから、開栓
してから約一ヶ月ぐらい経っちゃってるけど、味わいの
テンション全然落ちていない気がするんだけど...。

気のせい...?

むしろ開けたてより硬さが抜けて、味わいにふくらみが
でたような気もすんだけど...。

気のせい...?

最近、甲州の味わいが少し分かってきたような。

んー、やっぱり美味しく感じる。

ふくらみ、厚みの中に甲州らしい引き締まった酸があっ
て隠し味程度の甘さも少し感じて。

この酸はどう考えても劣化の酸ではない。

んー、開けて一ヶ月だけど悪くない...気がする。

そう言えば、今日は3月1日。

今年に入ってもう2ヶ月過ぎてしまいました。

この前、お正月だったような気がするんだけど...。

月日が経つのがやたら早いように感じる。 んー。

気のせい...?   いや、歳のせい...?

毎年3月と言えば、確定申告提出の月!

あと何日しかないのにデーター全然まとめてない。

これって、かなりやばい気がするんだけど...。

気のせい...?  ( それは気のせいじゃない! )


■ Label Data

d0067629_22134663.jpg


アルガーノ 甲州

アグア ヴィソーザ プラゼール

< 収穫豊轂の悦び活力の泉 >

勝沼の丘陵で収穫された甲州ぶどうの
新鮮な風味を大切に醸造したワインで
す。華やかな香りに加え、甘みと酸味
のバランスの良い爽やかな味わいを
お楽しみ下さい。

収穫年  2005年

限定本数  13,500本

葡萄品種  甲州種100%

栽培地  山梨県

タイプ  やや辛口

容量  750ml

アルコール  15度未満

酸化防止剤  (亜流酸塩) 使用

ワインは20歳になってから。

勝沼醸造株式会社

山梨県甲州市勝沼町下岩崎371
by tencho_nikki | 2007-03-01 17:57 | Wine Log