<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

BOURGOGNE ROUGE COUVENT DES JACOBINS 2005


d0067629_13382197.jpg



今日は ルイ・ジャド ブルゴーニュ ルージュ “クー
ヴァン・デ・ジャコバン” 2005 という フランス の
赤ワインを飲みました。

『 ルイ・ジャドを語らずしてブルゴーニュは語れず 』
と世界的に高い評価を受けている。

昨夜、よしだ屋さんで購入した一本。

あっ、そう言えばいつも使ってるソムリエナイフ、店
に持ってっちゃったんだ。

しゃーないな、違うので開けよう。


クルクルクル。 ( コルクにねじ込んで )

キューッ。 ( 梃子の原理で引っ張り上げて )

パキッ! ( 折れた! )


うーーーー、まじで。

使い慣れないソムリエナイフを使ったら、コルクが途中
で折れてしまった。

でも、大丈夫。 取れる取れる。


そーっとねじ込んでっと。

クルクル、ズッポッ。 ( うっ! )


大丈夫。 取れる取れる。

そーっとねじ込んでっと。

クルクル、ポチャッ。 ( うっ! )


あー、初の ルイ・ジャド なのに...。

中にコルクがプカプカ浮いている。

とほほ。


味わいとしては、どちらかというと酸を感じるタイプかなー。

温度が上がってきて、タンニンも感じて。

ちょっと大人の味わいって感じでした。


コルクがプカプカ浮いている赤ワイン。

たまにはこういうのもいいかもね。

とほほ。



d0067629_14114647.jpg



■ Data

生産地 : ブルゴーニュ

生産者 : ルイ・ジャド社

品種 : ピノ・ノワール

*若いときには赤い果実のフルーティさを発
揮し、時間とともに、森の枯れ葉の香りや、ス
パイシーさなど、より熟成した香りで楽しませ
てくれます。
by tencho_nikki | 2007-05-16 15:38 | Wine Log

PANUL CARMENERE 2006


d0067629_14553415.jpg



昨夜は パヌール カルメネール 2006 という チリ の
赤ワインを飲みました。

入ろうかなー。

どうしようかなー。

先月末、桜山にオープンしたワインBar、「櫻山ブドウ園」
さん。

行ってみたいなー、なんて思って、一人でお店の前まで
行ってはみたものの、時間が早かったこともあってか、
店内にはお客さんの姿もマスターの姿も見当たらない。

うー、やっぱり止めた。 ( 小心者の私 )

でも、無性に赤ワインが飲みたくて、しばらく自転車でう
ろうろしてたんですけど、やっぱり家で飲もうかなーなん
て思って よしだ屋さん へ。

そして、フランスの赤を一本買って、ご主人といろいろ話
していたら、やっぱり飲みに行きたくなっちゃって。

結局 「櫻山ブドウ園」さんに戻り、その扉を開けてきまし
た。

まずはカウンター席に座り、ほっと一息。

店内は山小屋風の内装で、とても落ち着ける空間。

んー、いい。

途中からよしだ屋さんのご主人も合流してくれて、お陰様
でとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

さて、この日いくつかのワインを頂いたんですが、その中
でも、一番のお気に入りはチリのカルメネールでした。(
吉田さんに一口頂いたワイン)

以前、エチャベリア(チリ)のカルメネールを頂いたときも
その個性的な味わいを楽しませて頂きましたが、今回の
カメルネールもすごく美味しかったです。

そのたっぷりとした旨み、甘み?は少し口に含んだだけ
でしたが、充分に楽しむことが出来ました。

なんとなくだけど、カルメネール種のワインはブラインド
で当てる自信あるなー。

なんちゃって。

いやー、それにしても勇気を出してお店に飛び込んだ
かいがありました。

「櫻山ブドウ園」さん、そして「よしだ屋」さんのご主人に
感謝、感謝であります。

さて、「櫻山ブドウ園」さんで充分満足した私でしたが、
帰り道、無性に焼き鳥が食べたくなってきて、ふらっと
入ったお店が「さっちゃん」という焼き鳥屋さん。

店内に入ると、自分が想像していたよりも明るい雰囲
気で、しかもカウンターには美人のママさんが一人。

なんかいろいろと会話が弾んじゃって、とても楽しかった
です。

片や先月末にオープンしたばかりの新しいワイン屋さん。

片やオープンしてから、来年で20周年を迎えると言う、
長年月日を重ねてきた焼き鳥屋さん。

ある意味、対照的なお店でしたが、どちらのお店もそれ
ぞれの味わいがあってとても楽しかったです。

二軒の飲屋さん。

なんか不思議な出会いだった気がします。


■ Data

生産者 : ビニェードス・エラスリス・オバリェ

品種 : カルメネール100%

*深い赤色。チョコレートやプラムを想わせ
る凝縮したアロマ。味わいにも凝縮感があり、
舌触りは滑らか。エレガントな余韻が長く口
に残ります。



d0067629_1458582.jpg


d0067629_1624766.jpg


d0067629_1694546.jpg


d0067629_1641792.jpg


d0067629_1643492.jpg


d0067629_1459141.jpg


d0067629_1644638.jpg


d0067629_1645826.jpg


d0067629_1651078.jpg


by tencho_nikki | 2007-05-16 14:55 | Wine Log

CHATEAU BOUSQUETTE 2004


d0067629_1733992.jpg



今日は シャトー ブスケット 2004 という フランスの 
赤ワインを飲みました。

おー、これは旨い!

しっかりとした厚みがあって、フルーティーな印象。

他にもいくつかの旨みを感じるんだけど、なんて表現し
てよいのやら....。

ちなみに、酒屋さんのメモには ” 香り高くスパイシー ”
と書かれている。

んー、そう言われてみるとスパイシーな気もするなー。

でも、よく分からん。

とにかく、旨い!
by tencho_nikki | 2007-05-15 17:03

BELLENDA CONTRADA DI CONCENIGO 2003


d0067629_16372742.jpg



先日、 ベッレンダ・コントラーダ・ディ・コンチェニゴ 2003
 という イタリア の赤ワインを飲みました。

このワインは、仙台の「土筆」という小さなワインBarで頂い
たんですけど、割としっかりした味わいでとても美味しかっ
たです。

温度が少し上がってきたときのタンニンの心地よさがとても
印象に残っています。

このワインをお薦めして下さったスタッフさんが、「神の雫っ
ていうマンガ知ってますか?」って聞いてきたんです。

丁度昨日から読み始めた私にとっては、ちょっとびっくりな
質問。

「いやー、私、丁度今読んでるとこなんですよー(笑)」

「あー、そーなんですか」

「実はこのワイン、神の雫に出てくるワインなんですよー」

「えーーーー、まじですか!」

ということで、迷わず注文。

ちなみにこのワインを飲んだ日の翌日、4巻を読んでたら
早速このワインが登場して。

「あーー、このワイン昨日飲んだワインだ!」なんて、思わ
ず感激。

なんか、より一層ワインに親しみを感じてしまいました。

ちなみにこのワインを薦めて下さったスタッフさん、この
日が、というか正確には翌日が誕生日で、12時になった
瞬間お客様がみんなクラッカーを鳴らし、スタッフさんの
お誕生日を祝っていました。

私も直前に隣に座っていた女性のお客様から、こっそり
クラッカーを頂いていたので、一緒にお祝いさせて頂き
ました。

なんかいい光景だなー。

「土筆」さん、とても素敵な時間をありがとう。

また遊びに伺います(笑)。
by tencho_nikki | 2007-05-14 16:39 | Wine Log

仙台出張 2007.05.10


d0067629_245121.jpg



昨日、地酒を買いに仙台に行ってきました。

仙台にいい酒屋さんがあって、すごく品揃えがいいん
です。

前回行った時、福島の「飛露喜」も置いてあったりして。

まー、今回はその「飛露喜」をまた買いに行ったような
もんなんですけど、せっかく行くので仙台の夜の街を
開拓することに。

まず、一軒目はその酒屋さんが紹介して下さった「てし
ごと是歩」さんへ、二軒目はその是歩さんが紹介して下
さったワインBarへ。

2軒ともとても素敵なお店でしたよ。

スタッフさんもとても感じが良かったし、お酒もお料理も
とても美味しかったし。

ちょっとしたエピソードなんかもあったんですけど、それ
はまた後日。

さて、いー感じで出来上がった私は一人ふらふらと「ラー
メン国技館」へ。

今回は「大安(喜多方)」の正油ラーメンを頂きました。

しっかりとした旨味があったとても美味しかったですよ。

んー、何時ごろホテルに帰ったんだっけなー....。

その後の記憶はなし。

翌朝7時半頃目覚め、シャワーを浴びて、朝食を食べて。

出発時間まで部屋でゆっくりと「神の雫」を読みました。

このマンガ、ワインのマンガなんですけど、すごく面白くて、
ワインの勉強にもなるし、超はまっています。

さてさて、マンガも途中でしたが時間になったのでホテル
をチェックアウトし酒屋さんへ。

しかしこの酒屋さんの品揃えは半端じゃありません、目移
りしすぎて、酒屋さんともいろいろ会話しながら、結局気が
付いたら3時間ぐらいお店の中で話してました。

結局、3ケースほどいろいろなお酒を購入しお店を出ました。

お店を出た後、トイレに行きたくなっちゃってコンビニへ。

なんか買ってこーかなー、なんて思って仙台の情報誌を手
にしてみたら、なんと盛岡の「五枚橋ワイナリー」さんが出て
いて、思わず購入。

地元のワイナリーさんが他県の情報誌に出てるのってなん
か嬉しいですよね(笑)。

ついつい帰り道、「五枚橋ワイナリー」さんに寄り道してワイ
ンも買って来ちゃいました。

今回、合計何本買ったんだ?

んー、一本一本の味見が楽しみ(笑)。



d0067629_303217.jpg


d0067629_303858.jpg


d0067629_304482.jpg


d0067629_305078.jpg


d0067629_30562.jpg


d0067629_311632.jpg


d0067629_3544227.jpg


d0067629_3544897.jpg


d0067629_3545565.jpg


d0067629_355083.jpg


d0067629_355666.jpg


d0067629_3551249.jpg


d0067629_3551763.jpg


d0067629_3552455.jpg


d0067629_3553067.jpg


by tencho_nikki | 2007-05-11 15:45 | 出張 Diary

CHATEAU PLAISANCE 2002


d0067629_14505763.jpg



先日、 シャトー プレザンス 2002 という フランス の
赤ワインを飲みました。

久しぶりにお邪魔したヌッフさんで、赤ワインのボトルを
注文。

店員さんがコルクを抜いてくれて、少量のワインをグラス
に注ぎ、スーッと私の前に置いてくれました。

今まで自分で飲みに行って、ワインをボトルで頼んだこと
ってほとんどなかったし、品質チェックのテイスティングな
んて初めての経験。

最近ワインに興味があって、自分でいろいろ飲んでみて
いますが、やっぱりお店に来て頂くといろいろと勉強にな
ります。

とても穏やかな口当たりで、印象としては優しく舌を包み
込んでくれるような感じ。

やぱっりフランスワインは美味しいなー(笑)。


■ Data

産地 : ボルドー メドック  等級 AOC

生産者 : グザウィエ マーシャル

品種 : メルロ カベルネソービニオン 
     カベルネ・フラン

*シーダーやブラックチェリーの香り。
スパイスボックスの香り。肉付きがよく
新たなる風味が程よく感じられます。
by tencho_nikki | 2007-05-10 16:51 | Wine Log

スタッフ飲み会 2007.05.08


d0067629_1435359.jpg



昨夜は久々に盛岡の街で飲み明かしました。

飲んだメンバーは仁、優貴、翔一、そして道すがらお会い
した常連のお客様。

常連のお客様、一軒目のお店に向かっている途中、いー
タイミングで前から歩いて来るんだもんなー。

やっぱり、一緒に行く運命なんですね。

思わず誘っちゃいました(笑)。

さてさて、今回お邪魔したお店は、

一軒目 九十九草さん。

二軒目 ヌッフデュパブさん。

三軒目 スコッチハウスさん。

四・五・六軒目 ネオンの街へ。

書きたいこと沢山あるんだけど...。

とにかく、満足、満足の一夜でありました。

やっぱ飲みはいー!

ちなみに上の写真はスコッチハウスさんでおすすめして
頂いた、1969年のボウモアであります。

たまたまだったんですけど、私が生まれた年のお酒でし
た。

このお酒も3*才なんだね。

んー、なんか感慨深い。

今回は焼酎も美味しかったし、地ビールも美味しかった
し、ワインも美味しかったし、スコッチも最高に美味しか
ったです。

盛岡、最高ー!(笑)



d0067629_2131528.jpg


d0067629_2134798.jpg


d0067629_2141392.jpg


d0067629_2142785.jpg


d0067629_2144252.jpg


d0067629_2144842.jpg


d0067629_2145487.jpg


d0067629_215057.jpg


d0067629_215633.jpg


d0067629_2151423.jpg


by tencho_nikki | 2007-05-09 14:35 | 飲み会

VdP d'Oc SYRAH 2004


d0067629_1425263.jpg



昨夜は ヴァン・ドゥ・ペイ・ドック シラー 2004 という
 フランス の赤ワインを飲みました。

酒屋さんのコメントに「焙煎したコーヒー豆やカカオの様
な味わい」って書かれてたけど、なるほど独特の香ばし
さを感じました。

んー、美味しい(笑)。

また、買っちゃおうかな。


■ Data

産地 : ラングドック-ルション

生産者 : マ・デ・ジャニーニ

*紫色の美しいローブ。焙煎したコーヒー豆
やカカオ、フルーツ、リコリス、黒胡椒の複雑
で強烈な香り。しなやかでフルーティな口当
たり、優しいスパイスと革の味わい。余韻は
長く、リコリスの後味。お肉のロティ、ジビエ、
ブルーブレスやロックフォールなどのチーズ。
by tencho_nikki | 2007-05-08 14:30 | Wine Log