<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

A V A T A R



先日、お客様とカウンターで話していたらアバターの話になって
自分もすごく観たくなって、今日、観てきた。


映画っていいですね。

すごく感動しちゃった。

ハラハラ。 ドキドキ。



超 超 未来の映像。


超 超 太古の映像。


現代の道しるべ。



森と機械。


森が壊されていくシーンはとても胸が痛くなった。



愛ゆえに戦う。 命を懸けて守るもの。

18年前の思い出。

重なった 『 ラスト・オブ・モヒカン 』 という映画。




物。 欲。 破壊。


根。 命。 愛情。


緑のない星。


緑のある星。




森の妖精がとても静かに、とても柔らかく、浮かんでいる。


すすけた鉄の塊がうなりを上げて、浮かんでいる。


本当に強いもの。 本当は弱いもの。


弱いものの強さ。


強いものの弱さ。




いきとしいけるもの。  神秘。  光。


宇宙の息吹。  呼吸。  生命。  人類。




いつか終わりがあり。 そして 生まれるものがある。


受け継がれるもの。


きっと、愛だけが永遠。




んー、そんなことを感じさせる映画だったな。


こころに響く、そんな映画だった。




今、自分に出来ること。


自分が今、生きているということ。
by tencho_nikki | 2010-02-18 23:30 | 盛岡の生活

そんな記念日の朝



朝、寝ぼけながらラジオを聴いていた。


『 高橋佳代子のハートフルいわて 』 という番組。

女性の方でエッセイストの方が話している。

昆虫の話をしている。


とても興味深い話をしてる。

思わず、寝ぼけながらもメモを書いた。


...エッセイスト。

...昆虫。

...たまみさん。


メモを取った後、いつの間にかまた寝てしまった。


うー。

数分経ってから、また目が覚めた。


今度は、雫石で農業を営んでいる男性の方が話している。


とても興味深い話をしてる。

これはと思い、またメモを書いた。


...肴町アーケード、桜山。

...こちざわさん。


2月14日と言えば、黒ヂョカのオープン記念日である。

そー、バレンタインデーでもありオープン記念日でもあるのだ。


そんな記念日の朝、私は寝ぼけながら店でラジオを聴いていた。


いつもの朝は、何で俺はいつもこうなんだ...って、反省ばか
りしている自分だけど、今日は店で寝てしまったことをとても
ラッキーに思った。


時間は10時になっていた。


『 Panasonic Melodious Library  』 という番組を聴いていた。


毎週一冊の本を取り上げ、その本についていろいろとお話する番組だ。


今日は ” ドリトル先生のアフリカゆき ” という本を紹介していた。


「動物の言葉がわかるお医者さんドリトル先生」。


「彼のもとには、病気を治してもらおうと沢山の動物たちが集まってきます」。


むむ。 なんか面白そう。


そのまま話を聞いていたら、無性にこの本を読んでみたくなった。


朝、うちに帰る途中、本屋さんによってこの本を購入した。



今朝、ラジオから聞こえていたもの。


半分は夢の中、半分は現実の世界。


今、自分が頭に描いているもの。 構想。


そして、聞こえてきた生き物を語る人の話。

そして、聞こえてきた農業を語る人の話。

そして、聞こえてきた人と動物の童話の話。



ラジオから聴こえてきた、3つの出逢い。 



不思議な朝。



未来へ。
by tencho_nikki | 2010-02-14 22:53 | 盛岡の生活

「 第2回 泡盛の会 」 のお知らせ



「 第2回 泡盛の会 」、やりますよ~!

昨年5月、神村酒造さんをお招きし岩山にて「 第1回 泡盛の会 」
を開催させて頂きましたが、昨年に引き続き今年もやっちゃいまー
す!

で、今回、会場を里に移し 黒ヂョカ にて開催させて頂きます。


詳細は下記の通りです。


  「 第2回 泡盛の会 」 開催

  場所 : 本格焼酎 黒ヂョカ

  日時 : 2月15日(月) PM7:00ぐらい~

  会費 : 3,500円

  お料理 : 沖縄料理他

  お酒 : 泡盛(神村酒造)各種 生ビール(エビス)



じ、実は...。

今回、会を開催するにあたり予め前回参加して下さった方をはじ
め何人かの方々にお誘いのご連絡をさせて頂いたのですが、参
加を希望する方は極めて少なく...。


うー、この人数では会が開けない。


厨房スタッフには当日に向けて、いろいろと沖縄料理について勉
強してもらい、準備を進めてもらっていましたし。

蔵元さんにも、是非!泡盛の会を!ということでお願いしており
ましたし。


正直、悩みました。


...どうしよう。


やっぱり、中止か...。


気を落とした私は、「一人で悩むな!」と自分に言い聞かせ、神村
酒造のNさんに今の状況を正直にお話しました。


かたや東北の盛岡市、かたや沖縄のうるま市。


電話の向こう側に、そのとき私はものすごく沖縄を感じました。


「いいんじゃないですか~」


「私は久保田さんと飲めればそれだけでもいいし、もしもお客さんが
来たらみんな一緒に飲めば」


おー、ゆるい。(笑)


「ありがとうございます」


私はほんとに気持ちが楽になって、さっきまで不安だった泡盛の会
が、逆にものすごく楽しみになってきて。


東北の地でラフな雰囲気の中、泡盛を楽しむ。

素敵なことですよね。(笑)


私もお酒が好きで、いろいろ飲んで来ましたけど、お世辞じゃなくて
神村酒造さんの泡盛は最高だと思っておりますし。

そんな神村酒造さんと一緒に泡盛の会を開催できるということは、
私にとっては夢のような話で、とても光栄なことなんです。


おっとっと。 あまり硬い話はやめときましょうね。(笑)


2月15日(月)。


黒ヂョカで2人泡盛の会をやってますので、もしよろしければ混ざりに
いらして下さい。


システムは超アバウト。


テーブルにある沖縄料理を食べて、テーブルにある泡盛・ビールを飲
んで会費は3,500円。


時間は何時から来て下さっても結構です。


んー、そうですねー。


10時か11時くらいまで飲んでますかねー...。


その辺も超アバウト。


泡盛一杯だけ飲んですぐ帰るなんていうのも全然あり!


会計は500円?1,000円?1,500円?


その辺も、超アバウトな感じで。


せっかく沖縄から蔵元さんが来て下さるんだし、少しでも沖縄
の時間を過ごしに遊びにいらして下さい。


なんか楽しい会になりそうな予感。(笑)



皆様のお越しを、心からお待ちしております。
by tencho_nikki | 2010-02-04 10:27 | 本格焼酎 黒ヂョカ

胸 高鳴る



平成22年2月2日(火)。


今日は神村酒造さんと泡盛の会のお話をさせて頂き、ちょっと
目が潤み。


そして、その電話のすぐあと、クロアチアから帰ってきたばか
りのマルツ工房吉田さんと会い、あるもののデザインをお願い
し。


詳細は後日お話させて頂きますが、とにかく今、私の胸は高
鳴っています。


色々なアイデアやイメージが次々に湧き起こってきて..。


うー、抑え切れない。(笑)
by tencho_nikki | 2010-02-02 22:39 | 盛岡の生活