『 のど自慢 』 鹿児島県 薩摩川内市


d0067629_15281278.jpg



今日の「のど自慢」は鹿児島県の薩摩川内市からの放送でした。

実は私の母親の実家が鹿児島の市来町というところで、川内とは
駅で1つか2つだったけなー?

でもとても近い地域で、なんとなく懐かしいというか、見ていて親し
みを感じてしまいました。

鹿児島からだったので、焼酎の造りの紹介などもされていました。

そう言えばもうそろそろ9月かー。

今年も焼酎を仕込む季節がやってきますね...。

さて、焼酎のことはさておき、「のど自慢」です。

今日もみんな楽しそうに歌ってましたねー。

「NHK」独特のアットホーム感というか、ほのぼの感というか。

よくよく考えてみると、こんなに日本人の国民性が出ている番組
って他にないんじゃないのかなー。

ご兄弟や親子、ご夫婦、おじいちゃん、おばあちゃん。

みんな自然体で歌ってて、会場に訪れた地元の方々も楽しんで。

やっぱり日本人って、なんかあったかい感じがして、私は好きだ
なー。

..........テレビを見ながらふと、自分を振り返りました。

私が「のど自慢」に応募したきっかけは、お客さんと「のど自慢」と
いうステージで歌合戦がしたい。そんな遊び半分の気持ちでしたし、
正直、バーテンのかっこうをして出場すれば少しはお店の宣伝にも
なるかなーなんて、そんな感じでした。

でも客観的に見て、もしそうゆう目的であのステージに立って歌って
いる人がいたとしたら、ちょっと引いちゃいますよねー。

もっと純粋な気持ちで臨まなければいけないのかも知れません。

19日のブログに、先日お越し下さった大阪のお客様と地元所沢の
友達から書き込み(コメント)を頂きました。

その内容は応援のメッセージでした。

遠く離れたところの人たちが、自分のことを見てくれてるんだ-。

私はとても嬉しい気持ちになりました。

「のど自慢」に出ようと思ったときは、あまり深いことは考えていません
でしたが、やっぱり今回の「のど自慢」は自分が盛岡で頑張っている
姿を、全国のお世話になった方々に見ていただく、いい機会なんです
よね。

うちのちっちゃいテレビを見ながら、そんなことを思いました。

ちょっと気持ちを切り替えていこうと思います。

ん~。 まじめに考えすぎなのかなー。

でも、いいや。

まだ予選に出れるかどうかも分かりませんが、もしも予選に出ることが
出来たら、私はマジで歌います。

日頃お世話になっている方に見て頂く為に、遠く離れた地で応援して
下さっている方々の為に。

よーし。 なんとしてもテレビに出て歌うぞー。

「 I Love You 」、練習あるのみ!
by tencho_nikki | 2005-08-21 15:27 | 歌う店長


<< 『 のど自慢 』 応募〆切り日 『 のど自慢 』 申込みハガキ提出 >>